ストレスを溜めないことが更年期障害を治す鍵

病棟

病気の診断に効果的な検査

女性

免疫沈降は病気の診断をする検査法のことで、例えば膠原病などのように原因不明の病気でも、免疫沈降法によって検査をすれば早期に発見でき、対処療法を行うことができます。アレルギーや免疫疾患などは原因不明のものが多く、そのような病気の検査に非常に有効なのです。

つらさを我慢しないで

医者

日常生活に支障が出たら

更年期とは、女性の月経が閉経する前後の期間を指します。平均的に45歳から55歳くらいの女性に多く、ホルモンバランスが乱れることでさまざまな症状が現れます。更年期の症状は個人差があり、まったく何も感じずに過ごす人もいれば、更年期障害がひどく、心身ともに衰弱し、うつ病を併発する人もいます。更年期が現れる年代は、子供が独立したり、配偶者の定年・親の介護など、今までの生活習慣が大きく変わる時期でもあります。こういった精神的なストレスや変化により、更年期障害が現れます。更年期障害の主な症状は、ホットフラッシュと呼ばれる急な体のほてりと、多汗が挙げられます。どちらも更年期障害で女性が悩む症状のトップです。

病院の受診が必要です

ホットフラッシュは、気温や自分の意思などとはまったく関係なく、突然顔などが熱くなる症状です。それに伴い、大量の汗が出続けることもあります。女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが減少することで、自律神経が乱れ、発汗がうまくコントロールできなくなることで起こる症状です。その他、めまい・むくみ・頭痛・頻尿などがあります。これらの症状が強く、日常生活に支障が出てくる場合に更年期障害と診断されます。無理をせず、婦人科を受診しましょう。婦人科では、ホルモン値を調べる血液検査を行い、問診などを受けます。その上で、患者の症状に合わせたホルモン剤治療や薬物療法を行います。その他、カウンセリングで精神的ケアも行うことが出来ます。

健康維持のために

男性

細胞分裂の勢いが衰えると、元気な細胞が増えにくくなることで体が弱っていきます。しかし元気な細胞から培養したプライマリーセルを利用すれば、全身の様々な組織での、効率の良い健康維持が可能となります。ただし培養は簡単ではないため、自力では困難という場合には、研究機関や企業から購入する必要があります。

評判をアテにする

看護師

一番良いのは新宿にある内科に行ってみて、自分で良し悪しを確認することですが、それは現実的ではありません。そこでおすすめなのが、知り合いに聞いてみたり、信憑性をチェックしている口コミを参考にしておくことです。